09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉大好き

寒くなりました。
体が縮こまり肩が凝ります。
パソコンしている時間が長いと特に肩がコチコチで、そのうち頭痛がします。
昨日は頭痛が酷くてバファリンを二回も飲んだので、今日は血行を良くするために温泉に行ってきました。
今夜は主人は飲み会で遅いから夕方から一人でノンビリお湯につかり、しっかりリフレッシュ!
お肌もスベスベになりました
ここは一人で時々くるのですが岩盤浴がとても良く信じられないくらいの汗が出ます。
そして今の時期、日が暮れるとイルミネーションが綺麗です。
ぼんやり見とれていると折角暖まったのにまた冷えてしまいますね。

大任町イルミネーション
スポンサーサイト

忘年会シーズン

忘年会の幹事を二つも引き受けてしまいました。10人程の二つのグループです。
気がつくと何だかいつも私が連絡係…暇だからいいのですけど。
困るのがお店の選定、予約なんですよね。
最近は時々外で友人と飲む事もありますが、基本今まで家呑みばかりであまり外に出ないのでお店を知らないのです。
安くて美味しい所がいいでしょう。
それはやっぱり口コミで捜さないと情報誌はあまりアテにならないですよね。
今回は前もって友人に聞き込みしていたので大丈夫。
お店は大体あの辺で…。
友人とお酒を楽しむ事もここ何年かでおぼえたのですけど、素面のときには見せない意外な人柄が見えて面白いですね。年代の違う若い人とのお酒もいいです。
若い人もしっかりしています。私が教えられる事の方が多いのですもの。
先日、宅建講座の中で仲良くなった人たちと飲んだのです。20代から60代まで(私が最年長ではありません)
不動産関係の人は一人もいなくて、人生色々あるな〜って思って。
後でひとりでしみじみ考えてしまいました。
みんなスゴく頑張っています。



最後のお別れ

ひと月前からホスピスに入居していた義父が息を引き取り、昨日葬儀でした。
とても穏やかな人で他人の事を思い、いつも人のために尽くし、周りに気を使う楽天的な明るい義父でした。
田舎の事で斎場などは使わず、交通の便の悪い地元の公民館での葬儀に沢山の方が参列して下さいました。
家族みな心の準備が出来ていましたし、本人も知っていましたので、家族で穏やかに見送ることが出来ました。
また賑やかな事が大好きな義父でしたので、通夜葬儀とも湿っぽいことは一切無しで、今だから話せる本人の面白エピソードで盛り上がり、火葬場へ向かう霊柩車の中でさえ笑い声が出るようなそんなお見送りになりました。
また今度紹介しますが色々とお茶目な事をやらかしている義父なのです。
楽しい思いでばかりです。

こんなお別れのしかたもアリですね。




夏休みも終わりましたね

恥ずかしながら息子が留年致しまして...の件は以前書きました。
主人は激怒!私は怒りより、私の子育ては間違っていたのかと悲しくて、暫くはウジウジとしていましたが、生来楽天家なもので開き直りました。が、さてどうするか。

話を聞くと、留年の原因は全て本人の責任で息子も今回は頑張ります宣言!
今年は講義の数も少なく、余った時間があるはず。
お金の大切さを学ぶ上でも必要だと、主人が仕送り減額決定を通知。
足りない分は自分で賄えと言う事です。
(でもそれでも甘いんです。ギリギリ生活出来るか出来ないか位は送っています
夏休みも帰省せずサークルとアルバイトに励んでいたハズと思います。
またサークルがお金のかかるサークルで...
何を血迷ったか、大学に入ってバイオリンにハマってしまい、今まで楽器など全く興味なかったのに...
楽器本体は安いのを購入するというのでお金を貸し?ましたが(返ってくるのか?)、維持費が結構かかるようです。
夏休みは合宿もあるし...昨年までは言われる前に送金していましたが、今年はぐっと我慢です。
お金、足りているのかな??
何でも先に親が手を出す事は子供のために良くないですよね〜。
困った事態を見ないふりしてやり過ごすような優柔不断さが息子には少しあるのです。
それは後で大きなツケになって返ってきます。
どうしてもお金が必要でどうしても自分で何とか出来なかったら、頭を下げて親にお願いしないといけません。
もう大人ですから、何となく分かるだろうではダメですね。

きっと主人はガミガミ言うと思います。
でも...実はそれもポーズなんです。
主人は私より子供に甘い。
息子の中に自分の負の部分を垣間みて何とかしたいと思うみたいですね。

子供も親の顔色うかがうこともあるでしょうが、親だって子供に気を使うのですよ。
絶対的な優位で子供をコントロールするつもりはないのです。
最低限のルールは身につけて自立し、社会に馴染んで楽しんで生活していってくれたら...とても嬉しいのです。


ウオーキング

ほぼ毎日夕食後ウオーキングを一時間程しています。
距離にして6キロ弱かな。
iPhoneアプリのジョグノートに毎日記録しています。
わたしとても太りやすい体質で、油断すると大変なことになります。
それにこの暑さでしょ、毎日アイスのファミリーパックを主人と食べてしまいます。
少しでも消費しないと...

歩き出してもう数年たちますね。
一時間くらい一人で無心に歩く。
iPod聞きながら、黙々とただ歩くことは精神の安定にとてもいいんです。
歩く事でその日のネガティブな気持ちをリセットできます。
いまは幸せな気分で毎日過ごせていますが、数年前はとても辛い時期がありました。
人生には波があって、立て続けに事件が起こり、どうして私だけこんなに辛いのかと涙する時期が誰にもあるのではないでしょうか?
こんな事が起こるなんて...こんなはずじゃなかった...とね。
主人のサポートや両親子供たちのお陰で、何とか乗りきる事が出来ました。
家族とは有り難いですね。

しかしそんな時期があったからこそ、今の幸せな自分が分かる気がします。

過ぎてしまえば辛い事も私にとっては必要な事だったのだと思えます。
私は本来、高慢で嫌な人間なのです。
辛い事はそれに気づかせてくれた、必要不可欠な出来事だったのです。
それがなければ...不動産にこんなに興味を持つ事も無かったし、アパート買う事も無かったですね。
じゃあそれって、本当はラッキーな出来事だったのかも

モノの見方は一方からでは分かりませんね。
落ち着いて違う方向から見ると全く違う考えにたどり着きます。

いまは...ウオーキングしながら...
悲しい事など考えません
もっぱらカラオ熱唱イメージトレーニングの時間
時々つい歌ってしまい変な目で見られますが、暗くなったら誰だか分からないだろうから平気です。
好きな歌を聞きながら、シャカシャカ歩きます。
時々近所のおじさんと出会い、何故か歩く速度を競ってしまいます。
おじさんって負けず嫌いですよね。抜くと抜き返してきます。
私も歩く早さでは負けません
終いにはウオーキングだか競歩だか分からなくなり...良い運動ですね。

私の大切な時間
これからも続けたいと思います。



プロフィール

もみのり子

Author:もみのり子
長女は公務員、長男は東京の大学三年で、零細企業勤務の主人と二人暮らしです。将来への不安から、不動産投資をする決心をしました。年齢的に投資を始めるには最後のチャンスとも思います。絶対失敗したくないので入念にリサーチして石橋をたたいて飛び跳ねて慎重に渡って行こうと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。