09
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
20
22
23
24
25
26
27
28
29
   

夏休みも終わりましたね

恥ずかしながら息子が留年致しまして...の件は以前書きました。
主人は激怒!私は怒りより、私の子育ては間違っていたのかと悲しくて、暫くはウジウジとしていましたが、生来楽天家なもので開き直りました。が、さてどうするか。

話を聞くと、留年の原因は全て本人の責任で息子も今回は頑張ります宣言!
今年は講義の数も少なく、余った時間があるはず。
お金の大切さを学ぶ上でも必要だと、主人が仕送り減額決定を通知。
足りない分は自分で賄えと言う事です。
(でもそれでも甘いんです。ギリギリ生活出来るか出来ないか位は送っています
夏休みも帰省せずサークルとアルバイトに励んでいたハズと思います。
またサークルがお金のかかるサークルで...
何を血迷ったか、大学に入ってバイオリンにハマってしまい、今まで楽器など全く興味なかったのに...
楽器本体は安いのを購入するというのでお金を貸し?ましたが(返ってくるのか?)、維持費が結構かかるようです。
夏休みは合宿もあるし...昨年までは言われる前に送金していましたが、今年はぐっと我慢です。
お金、足りているのかな??
何でも先に親が手を出す事は子供のために良くないですよね〜。
困った事態を見ないふりしてやり過ごすような優柔不断さが息子には少しあるのです。
それは後で大きなツケになって返ってきます。
どうしてもお金が必要でどうしても自分で何とか出来なかったら、頭を下げて親にお願いしないといけません。
もう大人ですから、何となく分かるだろうではダメですね。

きっと主人はガミガミ言うと思います。
でも...実はそれもポーズなんです。
主人は私より子供に甘い。
息子の中に自分の負の部分を垣間みて何とかしたいと思うみたいですね。

子供も親の顔色うかがうこともあるでしょうが、親だって子供に気を使うのですよ。
絶対的な優位で子供をコントロールするつもりはないのです。
最低限のルールは身につけて自立し、社会に馴染んで楽しんで生活していってくれたら...とても嬉しいのです。


スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR