06
2
4
8
12
14
15
20
21
22
24
25
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所得税の更生の請求書

もう今年も半分過ぎて6月になりました。
わたし、まだ今年の帳面を全くつけていません。
どーしようかな。
今年の初めに税理士に1年分の仕訳と書類を預けて整理してもらい、青色申告事業的規模で確定申告を済ませたのですが。
私の説明の仕方が悪かったのか、申告内容に誤り?が。。。
まず減価償却の年数が間違っている。
新築木造アパートは22年だけど27年になっている。
築古戸建ても自家用から賃貸にした時点での減価償却の残が税務署職員に私が確認した数字と違うんですよね。
(自家用で使用していた期間は耐用年数を1.5倍で計算するのです)
また新築アパートを購入するとき、全額現金では買えないから、頭金を払って残りを融資に頼りますね。
その頭金の按分について…土地と建物に均等に按分するのかどちらかに偏って按分するのかによって、経費計上出来る借入金の利子の額が違ってくると思ったんですよ。自分の都合の良いように按分して良いのか、一律に決まっているのか??
申告書が出来上がった時点で書類を確認したかったのですが、既に電子申告を済ませたあとに、私の手元に届いたのです。うーん、税金のプロである税理士が仕上げた書類にクレームというか、素人の思いつきは言いにくい、相手がいい人だけに、もういいかな〜なんて思っていたのです。
何か家族に不幸があったって言っていたし。。。
所得税の還付も28万あったし。。。ひょっとしたら私の考えが間違っているかもしれないし…。
だけど減価償却の間違いはこの先ずっと違ってくるから。
一応気がついた事をやさーしくお伝えしたら、説明もしどろもどろで、いきなり計算し直した更生の請求書をメールしてきました。
私のお尋ねした内容を全て反映させて計算し直して、所得税の戻りが35万に増えています。
私はなぜそういう計算になるのか教えて欲しかった。責めてないし。。。怒ってないし。。。

こういうのって税務署的にはどうなんでしょう。
こちらの手違いで事務仕事が増えるのですから、感じ悪いですよね。
今後目を付けられたりしないのでしょうか?

その後税理士事務所より連絡ありません。書類を送ると言われていましたが来ませんね。
通帳を確認したら還付金28万は振り込まれていましたが、その後の訂正分は入金されていないようです。

言いにくい事でもサラッと言えるようにならないと私ダメですね。
間違いやミスを責めたりする気はサラサラないのです。
人間ですからミスや考え違いはあって当然。
わたし、いつまでもグズグズ考えていて、つい後回しにしてしまうクセを直さないと、人間としても大家としても成長出来ませんね。
でもソレが中々出来ないのですよ
きっと相手が嫌な思いするよねって思うとダメなんですよね。
いいトシして情けないです。。。
優しいのではない、やっぱ未熟なんですよね。八方美人なんです。
性格変えたい。。。(泣)



スポンサーサイト

プロフィール

Author:もみのり子
長女は公務員、長男は東京の大学三年で、零細企業勤務の主人と二人暮らしです。将来への不安から、不動産投資をする決心をしました。年齢的に投資を始めるには最後のチャンスとも思います。絶対失敗したくないので入念にリサーチして石橋をたたいて飛び跳ねて慎重に渡って行こうと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。