02
1
2
3
4
7
8
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道

私は5年ほど前から不動産を始めたのですが、ずっと夢中でやって来た訳ではなく、途中色々脱線しました。

新築アパートを個人で購入し、法人を作ってぼろアパートを購入し、その再生が一段落した頃に、職業訓練校で介護の勉強を始めました。無我夢中で両親を看取った後、何かもっと出来る事はなかったかな〜と、ずっと心にひっかかっていたからです。

介護福祉士


自分自身で納得するためと、自分の今後の方向性を考えていて、思い切って介護福祉士の実務者研修を受けたのです。
今思うと、その時はだた老いて別人のようになった両親の気持ちを、理解したかったのかな。錆び付いた頭には大変な半年間でしたが、すごく勉強になりました。訓練校では年配者の体の衰え、気持ちの衰え、それに対する関わり方を学びました。高齢化の時代ですので避けては通れません。賃貸業も関係ありますよね。

いずれ高齢者にも積極的にご入居頂き、ケアマネなどと連携して自立支援を後押しするような、そんな取り組みも出来たらいいなと思っています。。

人生無駄なことなんて何もないですね。思いついたらやってみるって性格で、色々遠回りしますが何処かで繋がってくるんですよ。面白いですね。

土地の決済は月末くらいには出来そうです。
現況測量図も上がってきたので、本格的なプラン作りに入ります。
楽しみです。







スポンサーサイト

決済延期

決済予定日前日に右側隣地の方と境界の確認をしました。
左側の方とは話がついています。
その時に、相手方仲介が、明日の決済は延期にして欲しいと言うのです。
実は土地の決済時に債権者が来るはずだったのですが、福井の会社で先日からの雪で来られなくなったらしいのです。
郵便もダメで、委任の書類も届かなくて、担保設定されたまま売買は出来ないので、延期だそうです。
なんだソレ。仕方がないのはわかるけど、前もって準備する事はできなかったのか??
また、ここに来て、後ろ側の隣地の境界が図面と違う事が判明。
どこまで、いい加減な仲介会社。
怒り爆発〜って思うけど、そこは大人の対応。
土地が手に入るまでは淡々と手続きを進めます!
がっかりして泣いている場合ではない。

だけど。。。決済はいつになるんだろう。。。

境界の明示 つづき

決済の一週間前、隣地との境界の立会をすると仲介業者から連絡があり、いそいそと出かけて行きました。
相手仲介のいい加減さに不安があったので、知人に紹介された家屋調査士の先生にも来て頂きました。
手順が有効なものか、私には判断しかねるからです。
現場では相手仲介と売主のお爺さんが待っていました。
あれ、隣地の方がいない。。。

相手仲介が...
左側隣地との間にはプレートがありましたので、境界はそこです。
右側隣地との境界は、売主さんがブロックの内側だと言っています。。。
後ろ側のマンションは売主さんがブロックの外側だと言っています。。。??

(言ってますって、そんなんでいいのか??)

えっ、隣地の方と確認しないのですか?

あくまでも境界の明示ですから。

はあ〜、隣地の方と確認しないで何の意味があるのですか?
境界はここですと言えば、何でも有効なんですか?
宅建協会に相談に行きます!!

ここで相手側態度を変え、決済までに隣地の方ともう一度立会しますと言い出しました。

宅建協会って名前を出すと、ビビるのでしょうか。
少し前から宅建協会の役員の方と色々話をしていたのです。
境界について、決済について、仲介手数料について。
協会の明示は売主の義務だそうです。
隣地の方との合意がないと意味がありません。

私の仲介さんも他人事のように相手が示すのを待っていてはダメなんですね。
本来ならば売買契約をする前に境界の調査を済まし、スケジュールを見て決済までに間に合うように、注意を払うべきだそうです。そうですよね。高額な仲介手数料を支払うのですから、様々な配慮が必要ですよね。

帰り際、相手仲介さんが売主さんに表札がない隣の住人について聞いていました。
この人、隣地の謄本さえ見ていないんですね。すごいですね〜。

決済まであと1週間。間に合うのか? 



境界の明示

今回マンション建設のために購入する土地は任売です。
私はふれんずで見つけました。
周辺相場に比べて安い。。。
何かカラクリがあるんじゃないかと疑ったりしましたが、そうでもないようです。
私の懇意にしている不動産屋さんに仲介に入って貰う事にしました。
売主さんは破産。管財人の弁護士や仲介業者は地元の人ではなく福岡市なんですね。
だから値付け間違いなのかもしれないです。
まあ紆余曲折あって、私が購入できることになったのですが、すんなりと物事は運びませんね〜。
売主側の仲介が2社入っていて、私の方は1社です。
それぞれの意志の疎通が伝言ゲームのように上手くいきません。
先方の希望は、売買代金の一部を土地の代金としてではなく、協力金として別途契約して欲しいとの事。
それが破産した売主さんの引越し費用やら仲介手数料やらに充当する模様。それはオッケーです。
先方の司法書士を使う事。それもまあいいでしょう。
私の希望は残置物の撤去と、境界の明示。
合意し契約して手付けを払い、決済日までに実行すると約束しました。
本当は土地の購入をするなら、確定測量と更地渡しが普通と思いますが、任売となるとそうもいかないですもんね。
とにかく、境界の明示だけは譲れないので、立会の時は私も立ち会うので日にちの指定を待っていました。
が、決済の1週間まえになっても、連絡がありません。間に合うのか??。。つづく。

少額短期保険代理店

先日からバタバタと忙しくて、昨日は疲れて1日起きれませんでした。
たま〜にそんな日があります。
だけど昨日は大家の会のセミナーに参加したかったのに、すごく残念。
少額短期保険の話は聞きたかったな。
前回は大家が代理店になる話で今回は内容についてです。
大家が入居者の家財保険の管理をするんです。
入居時に仲介会社を通して家財保険には入って頂きますが、その後更新しないお客様が3割ほどいらっしゃるそうなんです。事故があった時、大家の火災保険と入居者の家財保険の両方を使って、補償していただく仕組みを、大家主体で出来るといいなと思っています。
便利な方法があるのに知らない事、色々ありますよね。
日々勉強です。
またしてくれないかな〜。


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。